工藤めぐみブログ オフィシャルサイト Megumi Kudo Official Site KUDOME.com Home Profile Biography Works Contact Kudome Blog

2006年03月23日

予想外の展開

今日は5歳の甥っ子を連れて映画館へ。
数日前からママに教わったのか、人の顔をみる度に
『おねがいしましゅドラえもん2006につれれってくらしゃい』
こんな事言われちゃ行くしかないよねー。

まぁ今日、明日は私も休みだし平日の方が混まないだろうと思って
いざ出発 ドラえもんが始まったらきっと私にとっては
お昼寝タイムだろうな〜と膝かけ持参で寝る準備バッチリ!

ところが映画が始まった直後から、どんどんスクリーンに釘づけに
なっちゃって(私がね)面白いこと。面白いこと。
友情思いやりまさにファンタジーの世界
特に今回は恐竜が出てくるんだけどその恐竜の成長ぶりや言葉を
話せない動物の表現方法が何故かうちのワンコ達とダブって
みえちゃって余計に感情移入しちゃったみたい。
のび太やジャイアンの友情シーンと恐竜達の別れのシーンでは思わず
涙がポロポロ
まさかこんな展開になるとは思っていなかったなぁ〜

でも途中で、「環境問題」とか「死滅」なんて言葉が色々出てくるんだけど
小さな子供達には理解出来ているかしら???
そんな私の小さな疑問もどこへやら、、、ご機嫌な甥っ子は帰り道で
『次はこぎつねヘレンがみたい』『その次は南極ももがたり!?ね!』

おいおい!それだけはママに連れて行ってもらってね
私は動物モノと別れのシーンには滅法弱くシクシクどころか
ウォーウーウォーって泣き叫ぶから
その前に、リオ君、正しくはコップポーンじゃなくてポップコーンだからね

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
映画だとのび太とジャイアンが仲がいいから好きです(^-^)。
そうそう、貯金箱買えました(^^)v。
くどめさん、教えてくれてありがとう(^^)v。
Posted by コロちゃん at 2006年03月24日 14:06
最近のアニメは子供から大人まで楽しめますよね
くどめもおいっこサービスしてるんですね
Posted by パウチ at 2006年03月24日 14:56
「危険な情事」って、映画知ってる?これ、工藤さんにお勧めします!内容は不倫をテーマにホラーサスペンスかな。10年以上前になるけど劇場で見ました。よかったらレンタルして見て下さい。
Posted by タペストリー at 2006年03月24日 17:56
言葉足らずの甥っ子ちゃん、カワユスですねえ♪
コップポーンw 確かに、コップみたいな入れ物の上で、ポーーン!てはじけてそうですもんねぇ〜w
Posted by ジョニーA at 2006年03月25日 03:19
うんうん!
最近は子供映画と思って見くびっててはいけませんねぇ。。。
僕はドラちゃん最新作のTV番宣見ただけでウルウル来ました。
昔の「南極物語」のラストシーン,「お〜い!」って叫んだ健さん向ってタロ&ジロが遠くから走ってくる場面は涙で画面が揺れてました(笑)
涙腺が弱いのも歳とった証拠??(^▽^)
Posted by ちゃま男 at 2006年03月25日 10:03
ドラえもん観たいけど小さい子がまわりにいないから観に行けません!
ドラえもんって冒険とか友情とか、かなり泣かせてくれますよね!
Posted by ゆきんこ at 2006年03月25日 13:54
アニメはいまや子供だけのものじゃないですよね
しかもドラえもんは子供時代誰もが通るバイブル
みたいなもんだもんね
Posted by かな at 2006年03月25日 16:52
★★★KUDOME★★★

>コロちゃんさん
貯金箱買ったんですね!(^.^) 行動が早い!!

>パウチさん
サービスというより一緒に遊んでるって感じです (^^ゞ

>タペストリーさん
昔、観ましたが主人公の女性は確か私と同じAB型だった
ような・・・(-_-;)

>ジョニーAさん
1日一緒にいるとオモシロ用語続出ですょ^_^;
Posted by ★★★KUDOME★★★ at 2006年03月26日 00:13
>ちゃま男さん
分かる!分かる!やっぱり年齢と涙腺って関係するのかな〜(T_T)
お礼が遅くなりましたがカード有り難うございまーす☆

>ゆきんこさん
私が行った日には一人で楽しそうにポップコーンを
食べながら観に来ていた女性がいました(^o^)
あとはレンタルっていう手もありますよね!

>かなさん
そうですよね!ドラえもんが嫌いな子供なんていなそう・・・
私はいまだに困った時に「暗記パン」とか「どこでもドア」が
あったらな〜とついつい思ってしまいます


Posted by ★★★KUDOME★★★ at 2006年03月26日 00:25