工藤めぐみブログ オフィシャルサイト Megumi Kudo Official Site KUDOME.com Home Profile Biography Works Contact Kudome Blog

2010年02月26日

チビ真央ちゃん

4982b0e4.jpg頑張れ!
真央ちゃん!
  

Posted by kudomeg at 09:56Comments(12)TrackBack(0)

2010年02月24日

本場の味 2

04a87d9b.jpg
90c227db.jpg
昨日の中国料理・鶏飯に続き
今日の本場の味は秋田県の名物
『きりたんぽ』。アジアからいきなり
東北地方です
秋田といえば母親の出身地。
昨日は妹にちょっとしたお祝い事が
あったので母が得意のきりたんぽ鍋を
作りおすそ分けしてもらいました。
幼い頃から慣れ親しんだ料理だけに
きりたんぽもダシも私には到底、
真似出来ない美味しさ
だけど後のせ用にもらった「せり」や「三つ葉」を
山盛りのせてしまったので肝心のきりたんぽが
見えなくなっちゃいました

そして今日はきりたんぽ鍋のお礼に母親の買い物の
運転手としておともする事に
私はまとめ買いが苦手で毎日少しずつ買い物する
タイプですがうちの母はまとめ買いの鬼です

会計を済ませ大量の食材を袋に入れていると
「そう言えば真央ちゃんどうなった?」と聞かれたので
『2位だったよ』と答えると
「えっ〜じゃぁユンソナが1位

ユンソナじゃなくてキムヨナだぁ〜
重たい荷物で疲れきっているのにこれ以上、
強烈パンチをくらわせないでぇ〜
しかも最後の「ナ」しかあってないしぃ〜
私が大笑いしていると
「さっき化粧品売り場でBBクリームみたからだよ
確かにユンソナさんはBBクリームのイメージキャラクター
やってますけどなんか苦しい言い訳・・・
そう言えばこの前は軽く聞き流したけど
「フランケンシュタイン」の事
「シュランケンシュタイン」って言ってたなぁ・・・

私が心の中で(酒癖の悪い怪物かっ)と突っ込んだのは
内緒にしておきます
  
Posted by kudomeg at 01:18Comments(14)TrackBack(0)

2010年02月23日

本場の味

43799c3f.jpg中国人のお友達Tさんが
手作り料理を差し入れしてくれました
中国語で「鶏飯」と書くそうです。
日本でも「けいはん」という料理が
ありますがそれとはちょっと違って
日本で言う『鶏肉の炊き込みご飯』
という感じ!
もち米を使ってあるので
もちろんもっちもち(笑)

しかも辛いもの好きの私にはたまらない激辛のタレ付き
このタレをご飯に少しずつかけて食べます。
すると・・・
口からファイヤ〜
ヒョエ〜辛い辛い辛ぃぃいぃいー
でも後ひく辛さで癖になっちゃいます
今度、レシピを書いて持ってきてくれるそうです。
この際、中国料理講座でもやってもらおうかな
  
Posted by kudomeg at 00:01Comments(10)TrackBack(0)

2010年02月17日

いいんですか〜

651b9d71.jpg週プロの宍倉さんのコメントで
第2弾があると知りまたまたビックリ
というか、いいんですか〜私で。
とても嬉しく光栄な事ですが恐縮しちゃいます

今回もドキドキしながらページを開いてみると
そこには懐かしい写真が。

太い。太い。体も太けりゃ眉毛も太い(笑)

でもこの『森で工藤めぐみに会った』企画は
私にとっては第二のレスラー人生の出発点であり
本当に素のままの自分なんですよ
だからこそ余計に恥ずかし〜ぃ

なんのキャリアもない私が初めて
カラーページで特集を組んで頂いた記念すべき
『森で工藤めぐみに会った』。
この記事を週プロで見て私という存在を知って
下さったというファンの方の声をよく耳にしていました。
今回の宍倉さん同様、安西さんにも大変感謝しております。

そして意外や意外
この星条旗のコスチューム、着用していた期間は
それほど長くないのですがファンの方には
印象深い1着のようです。
きっとこの企画の写真が影響しているんじゃないかと
思っています。

ピチピチはちきれんばかり(笑)のコスチューム姿
(写真左上)の私が、再びプロレスが出来る喜び、
FMWという新しいプロレスとの出会いに希望一杯の
笑顔を見せている事が私にとっては幸せを感じる1枚です

今週号でも取り上げて頂き本当に有り難うございます
  
Posted by kudomeg at 18:50Comments(24)TrackBack(0)

2010年02月12日

必需品

7aab21e5.jpg愛用している携帯用の電気鍼です。
先の丸い部分を痛い場所やツボに
あて上の黒い部分を押すとビリッ
と電気が流れます。
現役中、ファンの方に頂きましたが
特に説明書などがなかったので
何の気なしに肌にあててノック部分を
押した瞬間、思わずギャッ
声が出る程、ビックリ
今でも最初のひと押し前には
スゥ〜ハァ〜と深呼吸をして心の準備をしてからじゃないと
痛がり・怖がりのめぐちゃんは使えません
それでも場所や症状によってはかなり痛いです

そして忘れもしないこの電気鍼を頂いた日・・・

私が会場内で初・電気鍼の予想外の衝撃に
ギャッと叫んだ瞬間、
たまたま近くにいた某男子選手が
「どうかしたんですか?」と声を掛けてきたので
電気鍼の衝撃に驚いた事を言うと
「ちょっと借りてもいいですか?」と言うので
『どうぞ』と手渡すと小走りで何処かへ。
ちょっと嫌な予感いや、かなり嫌な予感
すると、どこからともなく
「ギャァーーーー」「ウォーーーー」と悲惨なわめき声。
しかも明らかに私より声が大きいし

案の定、いつも先輩達にいじられている
○○○君が背後からの不意打ち電気鍼攻撃を
至る所に受けていました。

(そりゃ、いきなりじゃあんだけ叫ぶわ・・・

あまりにも可愛そうだったのですぐに返して
もらいましたが若手選手はこうやって技や
練習以外の痛みにも耐えていくものなんですね

んなわけなーーーい(笑)

話が大分それてしまいましたが寒くなるとどうしても
古傷などが痛くなるこの時期の私の必需品のご紹介でした
  
Posted by kudomeg at 23:19Comments(11)TrackBack(0)